専業主婦がキャッシングで一番規制された

キャッシングベスト3

キャッシングの規制があるのは専業主婦が一番影響が大きい

色々なキャッシングや消費者金融の規制というものがありますが、それらの規制というのは厳しいものもあれば緩いものもあります。サラリーマン関係の規制で言えば、ほとんどキャッシングに関する規制はなく年収の3分の1までという総量規制くらいのものです。そういったキャッシングやカードローンでの規制というものは、一般的には消費者金融の規制のなかで一番規制が厳しくなってしまったのは専業主婦じゃないかと思います。専業主婦の規制というのは本当に厳しく、カードローンもキャッシングも借入をするのが難しくなってきているのは間違いありません。

専業主婦の場合の規制というのも、まさにこの総量規制なんですけれども、やはり一番厳しいのは個人に対して「収入があるかないか」というものを基準にするようにされたことでしょう。収入がある人が大半かもしれませんが、中には専業主婦のように夫の給料で食べている人もいます。学生で親に甘えている人もいるでしょうし、色々な生き方があります。女の人に稼いでもらっているひもの人も同様で、借り入れが難しくなってしまっているのです。

本来であれば家計でみるとそこまで悪いわけではないにもかかわらず、夫の同意が必要になってしまったというのはつらいものです。借金をするよりも、パート・アルバイトに出られるならばいいのですが、出られない時というのもあります。子供の状態が小さい時などはまさにそうでしょう。ですからパート・アルバイトをするのがベストと言っても、それまでの間にキャッシングをするということも認められてもいいはずです。

結果的に専業主婦は自力で借り入れができなくなってしまったというのは総量規制の悪いところだとおもいます。もしこれが多くの国民から支持されているのであれば、銀行系カードローンなんて言うものが出来て、総量規制の対象外というのを打ち出す必要もなかったでしょう。多くの利用者も専業主婦の規制などと同じように、おかしいと思っていたからこそ、銀行系カードローンが生まれたわけです。このような規制を作ったのは完全な失敗だったといえるのではないかと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 アコムより【審査が早い】超おすすめなカードローン会社一覧 All Rights Reserved.