住宅ローン、年収から借り入れ可能額を試算

キャッシングベスト3

あなたが借りられるローン、年収から借入可能額を試算する!

「ご利用は計画的に」というフレーズはお金を借りるときにいつでも聞くフレーズです。特に住宅ローンを借りるときは返済が長期に及びますので、借りる前に前もって試算しておく必要があります。つまり、毎月の支払いがどのくらいだったら可能なのか、そして、支払いがどのくらいの期間に及ぶのか、といったことです。

一般的にどのくらいの金額を借り入れることができるか、そして、どのくらいの支払いなら妥当かを決める重要な要素はあなたの年収がどのくらいかです。良く言われるのは返済額を収入の25%以下に押さえておくなら、返済は大きな負担にならない、と言われています。ここでは、いわゆる低所得者だったらどのくらいの支払いで、どのくらいの借入ができるのかをフラット35を例にとって考えてみましょう。

例えばあなたの年収が200万円とします。フラット35のホームページでは、年収から借り入れ可能額を算出することができます。シュミレーションしてみるとすぐに結果ができますが、年利1.5%で借り入れた場合1633万円の借り入れが可能です。もし、これが年収300万なら2449万円、400万円なら3810万円と、当然ながら上がって行きます。

そして、これを踏まえた上で次に行うことは、その借入可能額だと毎月どのくらいの支払いになるのか、ということです。返済をシュミレーションするにあたっては様々な要素を考慮にいれなければなりません。ボーナスを利用した支払いをするのか、あるいは支払い方法として、元利均等返済と元本均等返済のどちらを選ぶのかとか、あるいは金利を変動金利にするのか、固定金利にするのか、などです。ここでは、もし年収200万円の方が1633万円借り入れることができて、しかも元利均等方式で、ずっと同じ額を支払うことを想定すると、毎月5万円の支払いで35年、支払い金額は2100万円になります。収入とのバランスを考えたら、ギリギリの生活って感じですね。

ここでは一つの例として低所得者の方の場合を取り上げましたが、ご自分の収入からまずは借入可能額を算出し、無理のない返済計画を立ててください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 アコムより【審査が早い】超おすすめなカードローン会社一覧 All Rights Reserved.