知っておきたい、年収から算出するローンの借入限度額

消費者金融からローンを借りる際にどのくらいの金額を借り入れることができるのかは様々な要素に左右されます。たとえば、現在他からどのくらいの借入があるのか、家族構成はどうなのか、などです。しかし、一番大きな要素はやはりなんといってもあなたの年収がどのくらいか、ということです。

年収と借入金額の関係についてはいまや法律で規制されていますので、それは各消費者金融で変わることはありません。貸金業法が改正され、個人が年間に借り入れることができるのは年収の3分の1までと決められています。そして、これは1社から借り入れることのできる金額ではなく、個人が複数社から借りることのできる合計金額をいっています。ですから、他からの借入が当然影響してくるわけです。

こうした総量規制の導入の背景には消費者金融の貸し過ぎという問題がありました。バブル前の「サラ金地獄」が問題になった時代と比べては良くなったものの、たくさん貸し付けて、過酷な取り立てで回収するという問題が改正前にはまだありましたので、改正後は取立てに関してもかなり厳しい規制がかけられるようになったわけです。

もっとも貸金業法は銀行には適用されません。銀行には銀行法という別の法律があり、それによって規制されています。ですから、銀行は総量規制の枠に関係なく貸し付けることができる、というのが原則ではあります。しかし、実際は銀行は消費者金融より、厳しい審査を行いますから、銀行だから年収に関係なく自由にたくさん借りれるというようなことはありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 アコムより【審査が早い】超おすすめなカードローン会社一覧 All Rights Reserved.